川の冷たさは春の訪れ(単話)

2020.03.30 18:34:27

誠司に処女を捧げた冬花は、結婚してからも誠司とのセックスに没頭していた。仕事があるからと眠りたがる誠司に「前は1日3回もしてくれたのに…」と不満そうな冬花は、誠司のチ●ポを咥え、再び勃起させて上に跨る。誠司にオーガズムを覚えさせられ、性に貪欲になりつつあるのだ。翌日は、誠司と出会った頃のように、早春の突風が吹いていた。あの時のように、飛ばされた帽子を見知らぬ男に拾ってもらった冬花…。

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック