文学を貪るモノタチ(単話)

2019.10.05 19:06:14

一年生の新島が、部長の咲良しおりに借りていた本を返す。勇気を振り絞って一緒に帰宅しませんか…と声を掛けた。その様子を眺めながら、快く思わない先輩もいるのだ。おい、部長、大切な用事があったよな…とケツを卑猥に撫でて睨む3人の不良部員。ヒィ…とひきつる美人部長。すぐに二本の男根を頬張り、転がされて肉穴を弄ばれる。この文芸部が廃部にならない理由があるのだ。白濁まみれにしごかれる清楚な部長。

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック