彼女の嗚咽は夜の校舎に掻き消えて…(単話)

2019.06.13 20:45:17

山下の父親が借金で夜逃げした。その話を聞いた時、大富豪の父親を持つ道明寺はすぐに借金の肩代わりを申し出た。なぜなら、同級生の山下には、『峰岸亜子』という、かわいい彼女がいたからだ。
密かに憧れていた亜子ちゃん。しかし、亜子ちゃんの幼馴染みで爽やかメガネイケメンである山下には勝ち目がなかった。財力以外では……。
道明寺は山下に借金肩代わりの条件として、亜子ちゃんの身体を要求した。最初は難色を示した山下と亜子ちゃんだったが、現実の窮状には勝てず、ついに金の力に屈服した。
たわわなおっぱい。白く透き通るような肌。夜の校舎で道明寺は、嫌がる亜子ちゃんに怒張した欲望を埋めていったのだった……。
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック