エステル あふれてくねるもの

2019.06.08 12:01:42

本書は宮西の代表作である。
収録作品は全て80年代に描かれたもので、刊行時は宮西の最も新しい作品群として話題になった。
宮西が20歳〜30歳に掛けた十年間に描かれている。
タイトル-Esther-の元になったと思われる『エステルの化粧』を中心にペン画、鉛筆画のイラストを配している。
作品はどれもイラストの範疇を遥かに超えた芸術作品と言えるものばかりだ。
二色カラーページが32枚というのも嬉しい!
特に興味深いのは、英訳作品『MIDSUMMER NIGHT’S DREAM』である。
80年中期にはアメコミに対抗して日本のマンガをアメリカに輸出しようという流れが出て来た。
そこで大友克洋、 平田弘士といった面々を集めて-オムニバス・アンソロジィ-を一冊アメリカ発売した訳である。
そこに宮西も含まれていたというところに往時のマンガ界に於ける彼の立ち位置を窺い知る事ができる。
蛇足ではあるが、今でこそマンガは日本のお家芸のように言われいるが、しかし80年代ではまだまだアメリカがコミックのうえでも名実共にNo.1だったというのがなんとも皮肉で面白い。
収録作品:うつくしきかしら/レボリューション/バラティユリ/.....IF I DIE, I DIE/因果/Platonics/エステルの化粧 1/エステルの化粧 2/エステルの化粧 3/MIDSUMMER NIGHT’S DREAM/台風小僧/菓子屋のたくらみ 1/菓子屋もたくらみ 2/LITTLE YELLOW サンボ/月光和音

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック