S 原色美少女憧憬

2019.04.08 01:05:51

………おじさん、好きだよ。 「お、おじさん、そんな太いのムリ……あ、あっ!!」灼熱の肉の凶器が固く脈打ちながら、びしょ濡れた真帆の秘裂を執拗にこすり上げてくる。不安と恐れ、そして小さくはない期待を感じながらも腰をよじって逃れようとする真帆。「あっ、おっおじさ…やっやめて、あ、あっ!!」が、擦りあげられる度に真帆の一番 恥ずかしいところを襲う峻烈な快感に、次第に腰の動きも鈍くなってゆく。さらには焦らすように探るように男肉の先端が真帆の蜜壺を嬲ってくるのであった……。「こ、これ以上はやめ…て。もう、もう、入っちゃうよぉお……」

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック