憧れの清楚巨乳生徒会長が下品フェラ奉仕するのを覗く事しかできない僕(単話)

2019.03.08 23:33:27

一癖あるおあずけプレイが大好物のコバヤシテツヤがお届けする愛と哀しみの傍観エロス衝撃の後編!!
進学したてで帰宅部になるつもりが生徒会長である摩耶(まや)に一目惚れし生徒会に入った出水(いずみ)。その生徒会長はまさに、容姿端麗・品行方正・文武両道・才色兼備といったような言葉が当てはまり人望もある素敵な女性。そのため、他の生徒会の面々も素晴らしい人材が揃っていたが、副会長である伊達(だて)だけは違った。明らかに不良っぽく、素行も女癖も悪かった。しかし、そんな彼は摩耶の幼馴染であり、摩耶と出水が仲良くなり始めていることが面白くないため、生徒会室で無理やり犯すという暴挙に出る…。それからというもの、出水にバラされることを恐れ、伊達に逆らえなくなってしまった摩耶は日々生徒会室で犯され、身体は徐々に開発されていった…。摩耶の頭の中がセックスのことでいっぱいになる程にまで……それから間も無く、摩耶が生徒会室に男子生徒を集め毎日盛っているという噂が流れ始めるが、その噂も全て真実であり、その日も摩耶は集まる男子生徒一人一人にフェラをしていた。そして季節は夏を迎え、出水の元に届いた1通のメール。それは摩耶から送られてきた、出水に会いたいという内容のものだった。

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック