【新装版】(株)痴漢支援サービスセンター(単話)

2019.02.08 17:41:48

退屈な毎日に辟易していた俺は、この春から趣味として盗撮を始めた。それなりに楽しく、ストレス解消になってはいたが、どれだけ可愛い女の子のスカートの中を覗き見しても、どこか物足りないのも確かだった。それは、やっぱり、見るだけではなく触ってもみたいから……。あの柔らかそうな胸を、張りのいいお尻を、実際にこの手で触れてみたい。しかし痴漢をするにも勇気がいる。とてもじゃないが、俺にはそんな度胸はない。俺にはせいぜい、こっそりと盗撮するのが関の山……。そう諦めていた俺の前に、あの男は現れた。男が差し出した名刺には、何やら怪しい社名が記されていて……。「痴漢支援サービスセンター」待望のシリーズ第2弾!
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック