親友の娘に手を出してしまった俺の、止まらない劣情(単話)

2019.02.08 16:03:13

え? あの加奈ちゃん? すっかり成長したね。胸なんて、うちの娘よりも大きくて――。10年ぶりに訪れた故郷で、親友と、その娘に再会した俺。おままごとや、お医者さんごっこで遊んだ昔が懐かしい。だけど俺なんて、もう遠い思い出の住人でしかないのだろう。そんなふうに思っていたのだが…。親友の家に泊まり、歓迎の盃ですっかり酔っぱらった俺は、夜中にうっかり加奈ちゃんの部屋をのぞいてしまう。そこではなんと、加奈ちゃんが俺の名前を口走りながらオ○ニーをしていたのだ! その時を境に、俺と加奈ちゃんの許されない関係が始まる。親友が仕事にいった隙に俺は、止まらない劣情を加奈ちゃんの赤い秘肉の奥深くにうずめていく!!
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック