義娘寝取り(単話)

2019.02.02 04:52:21

「この変態め…義父さんがこんなにかわいがってるのに…」

義娘の由紀(ゆき)と知佳(ちか)とセックスするようになってから一ヶ月後。
朝から3Pを楽しむほど、2人ともすっかり性奴隷っぷりが板についていた。
もう、催淫薬など使う必要もない。

「じゃっじゃあ…もっと由紀にシてくださぁい」
「え〜お姉ちゃんずるい! 次は知佳に挿れて♪」

この2人との関係も、すでに妻は認めていた。
どうやら不審に思った妻が俺の職場である研究所へ押しかけ、
誰かから俺が義娘達でないと勃たないことを知ったらしい。

「だからいいんです。こんな夫婦の形もあるんだと思います」

隠す必要がなくなってからは風呂場で、美香子がにこにこと見守るリビングで、
義娘たちの喘ぎ声が家中に響き渡る――。

「んっ…ああっ…やぁ…はっ…ああん…パパぁ……そこぉ…気持ちいいぃ…」
「あっあっ!激し…んああっ!ふああっ…そんなに突いたら…だめっ…あああっ!」

ああ、こんなにも幸せな家族の形が他にあるだろうか?
やはり、家庭を持つとはいいことだ♪

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック