CATS ON THE BLACK CAGE

2018.08.31 11:43:53

「私ね、すごくすごく大好きなオモチャを持ってたの。でも、ある日それを失くしちゃったの」

三年前、俊彦は車で少女を跳ねてしまう―――。
彼女は幸い軽い怪我で済んだが記憶を失くしてしまい、
責任を感じた俊彦は、彼女を引き取り、やがて男女の関係になった。

家に帰ると台所に立ち夕飯を作る彼女。
美幸と名付けた彼女に記憶のことを問うてみると、
このままで幸せだから記憶が戻らなくてもいいと言う。
俊彦はとても愛おしく感じ、台所で彼女のカラダをまさぐりはじめる。

「だっ…ダメ……ごはん 作らなきゃ……」

「ホントにダメなの?
こんな音させてるのに?」

俊彦は美幸との幸せな時間を貪っていた。

だがときどき、彼女の乳首にピアスの穴があったりと
違和感を感じることが多くあった。
そんな時、平和な日々が何かに壊されるような、
そんな予感を覚えて不安に駆られる俊彦だった…―――。

そんな時、会社でひとり悩んでいると、
同僚の榊那緒に声をかけられ、食事に行くことに……。

俊彦は彼女の話を聞いているうち、強烈な睡魔に襲われる。
そのまま気を失い、目が覚めたらホテルのベッドの中で、隣には全裸の那緒が―――。

「ね 終電までにはまだ時間があるわ 今から気持ちいい事いっぱいしてあげる」

朦朧とした意識の中で那緒の思うままにもてあそばれ、
再び意識を失った俊彦が目覚めて帰宅したのは翌日の朝だった。

家に帰ると美幸の姿は無く、そこには嗅いだことのある香水の残り香が……。


愛情とは何か、主従とは何かをテーマにしたSM漫画「CATS ON THE BLACK CAGE」全6話の他、奇妙に歪んだ両片想いの兄妹の独白「MISTAKE」前後編、息子に欲情する母を描いた「家族ゲーム」などを収録。奏亜希子の少し不思議で官能的な主従エロマンガ傑作集!!!

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック