イクまで徹底性指導(単話)

2018.08.11 15:35:03

「はぁ〜い、竜也ちゃん。今更だけど…おばちゃんが色々教えてあげる」

イクまで徹底指導、シリーズ第5段目は、俺がガキの頃から面倒を見てもらっていた親戚の彩子(あやこ)さん。
もともと水商売をしていた彩子さんは、親父にこの店のことを聞いてわざわざ乗り込んできたらしい。

「あらあら、あんなにかわいかったモノが、こんなに大きくなっちゃったなんてねぇ〜…」

昔の憧れていた頃を思い出し、俺の指導にも力が入る。

「あぁん…ごめんなさい……Hなおばさんで……あっ…んはぁ〜っ…あぁ〜っ!!」
「もっと…あひっ…おばさんのいやらしい穴っ……もっといっぱいついてえぇぇ…!」

五十路に近い熟れた身体が、若い俺を求めて乱れよがる
もう、子供扱いなんてさせはしない。

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック