ハメられたJKたち 弱みを握って強制えっち(単話)

2018.05.12 11:15:16

「あいつらの親がな、ウチから金借りて逃げやがった」

ヤ●ザである親戚からの突然の電話―――あいつらとはウチの生徒の葉山姉妹のことだった。
聞けば上玉の二人をソープにでも沈めて一千万もの借金のカタに使おうっていう魂胆らしい。

…まてよ。俺が肩代わりすればこの姉妹は俺の言いなりになるんじゃないのか?

「先生…ありがとうございます」

そんなことを考えてるとは露程にも思ってないだろう姉妹の笑顔にほくそ笑む。

姉の朋美。従順でよく言うことを聞く娘だ。
妹の愛美。活発な運動部員で飲み込みが良い。

「せんせいのっ奥までぇ子宮まできちゃってるぅっ!ああぁ!あん!」
「もうっせんせぇっまだするのぉおっあっあっんんうっ!」

二人の処女もいただいて何度も身体を繋げ、随分と心も許されてきたが―――

「別にこちらはお前から金をもらっているからいいけどな、お前はそれでいいのか?」

借金JK姉妹と教師の行末は――― シリーズ第5弾。

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック