淫落の聖女エルヴィーネ(単話)

2017.10.31 00:01:35

『光の聖女』と呼ばれるエルヴィーネ。
聖女として人々に尊敬される彼女だが、魔道具により命令されると拒否できない暗示にかかってしまう。
それを利用して従者であるブルクハルトたちは彼女を調教していく。

そんなおり、従者オ-ロフに暗示のことを説明され、
オーロフはエルヴィーネの目の前で魔道具を破棄した。
エルヴィーネは暗示から覚め、ブルクハルトたちを告発しようとするが、
ほかの聖女たちを救うためとオーロフの説得により、ふたりの解放を優先することに。

しかしその後のオーロフの行動は驚くものだった!
暗示状態が解けてるのを悟られるのはマズイとエルヴィーネに
淫らな行為に耐える練習と言い、体をまさぐってきたのだ!!

暗示が解けたにもかかわらず、羞恥に耐えながら受け入れていくエルヴィーネ。
練習という名分のもとに淫らな行為を強要され――!?

3人の聖女たちの運命は――?
エロティックファンタジーの巨匠・たいらはじめが描く魅惑のシリーズ第8話!!

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック