寂しさで、濡れる人妻(単話)

2017.10.27 16:17:55

結婚3ヶ月目にして、妻が出ていった。理由は俺の浮気、という大いなる誤解。今まで毎日熱いセックスをしてたのに、もう抱けなくなるなんて…。そう考えると寂しさがズシリと胸に落ちてくる。しかし、そんな時に俺の寂しさを慰めてくれたのは、同じアパートに住む人妻たちだった。彼女たちも、旦那とうまくいっておらず、寂しさを抱えていた。俺たちは互いの心の隙間を埋めるように、激しく身体を貪り合う。したたる体液が混ざり、熱い吐息と濃密な匂いが部屋に充満する。妻のことは愛しているが、俺は己の欲情を止めることができなかった。「奧さん!もうこんなにグッチョグチョになってますよ…」

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック