ソウ・カン(単話)

2017.10.07 02:37:03

毎週の決まった日の決まった夜中の時間にそれは始まる…。暗闇の中で動く汗ばんで上気した白い肌…恥ずかしそうに殺す少し苦しそうな淫靡な声……リズムよく弾ける柔らかそうな乳房……。息子はこっそりとドアの隙間から義母と父親のセックスを覗いていた…。翌日、義母が息子と二人きりの時、息子の耳元で囁いた。「昨日の夜中、覗いてたでしょ?」「それを見ながらオナニーしてたでしょ?」義母はその後「触ってもいいのよ。お義母さんのおっぱい」と息子に言いながら乳房を見せた。息子はもう止まらなかった……義母は息子のペニスによがって乱れた……。

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック