流れ着いたのは褐色ロリしかいない無人島でした(単話)

2017.04.14 04:35:05

眠りから覚めると、なぜか小麦色のお尻とツルツルの秘裂が目の前に、
さらに股間では褐色少女が騎乗位で腰を振っており!?
──遭難した男が流れついたのは褐色少女しかいない南海の孤島だった。
村長から命を助けられた代わりに子孫を残すための種付けを命じられ、
エッチに興味津々な少女たちとラブラブ子作りセックスをすることに。
積極的に求めてくる小柄な褐色ボディに子種を思う存分発射しまくる!

※『二次元コミックマガジン 女だけの世界でボクはもうダメかもしれないVol.1』に掲載されている作品です。

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック