さとうみず(単話)

2017.01.13 20:13:23

隣に越してきたなつみさんが、共有のゴミ置き場を漁ってる。怪しくて見張ってると、なんとボクのゴミ袋からセンズリ拭いたティッシュを取り出して盗んだ。なつみさんは綺麗なのに、とんでもない精液マニアだったのだ。それから毎日、ボクのチ○ポにしゃぶり付く。臭いも濃さも最高…なんだそうで、バックから性器挿入しても最後は顔にぶっかけて…と頼まれる。

おすすめコミック

まだまだオススメ!

人気ジャンル

人気作家

最新コミック

人気コミック